敷布団はコインランドリー洗うと失敗しやすい

コインランドリーで敷布団をきれいにすることで失敗に終わる主な場合としては、次の3点が特に多いとのことです。1点目は、敷布団の中に入っている繊維がダマになったり不均衡になったりして、敷布団が凸凹に見舞われてしまうケースです。

掛け布団のなかには、中綿や羽毛が動きが見られないようにキルティング加工施されているものが多いですが、敷布団はキルティング加工などが行われていないのが当たり前です。そのため、ダイレクトに洗うと中綿がダマになりがちで、一部に寄ってしまう可能性もあるからです。2点目は、羊毛や綿が小さくなってしまうケースです。
すべての布団がコインランドリーで洗えるわけではなく、きれいにしたり熱を加えたりすることで縮小しやすい素材は洗えません。羊毛や綿は特に縮みやすいのでお気を付けください。3点目は、敷布団にカビが発生してしまうケースです。敷布団は厚手なので、表面は水気を失っていても中身が水気を失っていないことがあります。生乾きのままだとかえってカビの温床になることが多くなります。布団クリーニングを安心して洗うにはやはり布団クリーニング専門店で洗ってもらうのがよいです。布団クリーニングにもさまざまなものがあります。宅配布団クリーニング業者の比較はこちら