新卒と転職時では異なる面接の質問について

誰を採用しようか決めるために、企業の多くが書類でふるい落とした後に、採用面接をしています。採用されるには、会社が求める人材や期待値に対して、応募者の中で相対的に優位であると判断される事が必要です。しかもこの求める人材や期待値は、新卒採用の場合と転職者の採用では少し違いがあります。面接で重要なことは事前の対策ですが、どういう状況で面接を受けるのかによっても、質問の方向性は異なっています。転職希望者に対して聞かれるような、以前の仕事内容や、実績については、新卒者相手には聞く意味がありません。スキルや経験ではなく、独創性や協調性、リーダーシップや積極性等について質問の中で探ろうとしているのです。本に書かれた通りの内容だけでその場を切り抜けようとしても、面接の経験を積んでいる担当者には、全てお見通しというものです。就職活動時のみならず、学生生活の中で普段から真摯に明るく勉学に励み、サークル活動やアルバイトにバランスよく頑張っている事が必要と言えます。一方で社会人が転職する場合には、なぜ前職を辞めて新しい会社に就職しようとしているのかは、必ず質問されます。以前の会社に不満があって退職を決断したのだとしても、話の仕方によっては、相手の印象を損ねる可能性があるでしょう。面接で自分を売り込むには、会社が必要としている即戦力に自分の能力や実機がぴったりあっていると思わせることが大切になります。新卒の場合は人間性や将来性を評価して、転職の場合は即戦力になる人材なのか、会社への貢献度について確認されることが多いようです。エックスメン