ダイエットの停滞期

長い間ダイエットをしていると、どんな人でも停滞期がおこるといいます。順調に減っていた体重の減りが鈍化する時期を停滞期といいます。

食事も我慢して、運動もきちんと行っているにも関わらずなかなか体重が減らないとなると、たくさんの人がダイエットのモチベーションをなくしてしまうといいます。ホメオスタシオスという体の防衛機能がおこることで、停滞期になってしまいます。体の状態を一定に保とうとする体の機能がホメオスタシオスで、ホメオスタシオスの働きで体温も周りの気温が下がっても一定に保持しようとするといいます。食事をダイエットのために減らすと、体重を保とうと食事が減ってもホメオスタシオスは機能するのです。消費カロリーを少なくして、なるべく摂取カロリーを脂肪として溜め込もうとするのです。停滞期とは、補給できる栄養が減っても体のコンディションが変わらないように、体が必死に対抗している状態なのです。またダイエットが順調に進むように、一定期間停滞期が続くと、体が元に戻ることによってなるのです。それぞれの人で停滞期の期間は違いがあるので、2週間程度で終了する人もいれば、1カ月程度の人もいるそうです。停滞期とは健康な体に起こる当たり前の反応ですが、ダイエットにはマイナスになってしまいます。ダイエットは、停滞期をうまく乗り越えることで最後までやり通すことが可能となるでしょう。
コレスリム 効果