世界で行われるオフセットクレジット

世界的な二酸化炭素削減の取組を推進するためにできたのか、オフセットクレジットという仕組みです。オフセットクレジットの活用について、世界じゅうで考えが交換されているようです。欧州各国は、オフセットクレジットの活用に積極的に取り組んでいます。イギリスやドイツは、特にオフセットクレジットに力点を置いていることで知られています。オフセットクレジットが新たなビジネスとして動き始めています。二酸化炭素の排出量削減をヨーロッパの国々で盛んに行われるようになったことから、環境サミットが行われて京都議定書で国家間の協力が話し合われるようになりました。世界中の国々がオフセットクレジットを始めたら、何に変化があるでしょう。二酸化炭素の排出量の削減ができない国は、削減できた国から排出権を購入する形になるので、経済にも大きな影響を与えます。アフリカ諸国は二酸化炭素の排出量が少ない国が多いですが、そのような国は排出権を売ることで外貨を手に入れることができます。このことは、アフリカの経済発展を支えるとも考えられています。考え方によっては、オフセットクレジットは金銭を払いさえすれば二酸化炭素の排出制限をせずともいいことになります。アメリカや中国は二酸化炭素の排出量が多い国ですが、いずれもオフセットクレジットには消極的なようです。これからの動きに関心が集まっています。デトランスα